DIGNA Classic 1887 005

DIGNA Classic 1887 005

ブランドネームの由来は威厳・尊厳を意味する「Dignity」の造語。10周年を迎えたハウスブランド「DIGNA Classic」にグループとしての創業年である「1887」を冠したハイエンドラインDIGNA Classic 1887。

DIGNA Classic 1887 005

天地幅をしっかりとったスタンダードなボストンシェイプを、トレンド感のあるバランスのとれたサイズにまとめた仕上り。手彫りを施したようなエングレープと呼ばれる彫金風加工がクラシカルなオーラを放つ。

DIGNA Classic 1887 005

飾りリムと呼ばれるリムの側面を走るミル打ち仕上げや純チタン製のメタルパッドがシンプルデザインを豪華なまでに盛り立てる。バチ先にはモデル001、004と共通のブランドロゴ入り純チタン製メタル飾りを施し統一感を演出しています。