DIGNA Classic 1887 001

DIGNA Classic 1887 001

ブランドネームの由来は威厳・尊厳を意味する「Dignity」の造語。10周年を迎えたハウスブランド「DIGNA Classic」にグループとしての創業年である「1887」を冠したハイエンドラインDIGNA Classic 1887。

DIGNA Classic 1887 001

彫金風加工がクラシカルなたたずまいを演出するツーポイントフレーム。マンレイブリッジと呼ばれるノーズパッドパーツとブリッジが一体となった仕様など、細部のこだわりが際立つのは縁なしメガネならではのもの。

DIGNA Classic 1887 001

ゴールドとシルバーカラーモデルには2ミクロンの厚メッキを採用し、上質感漂う輝きを実現。
バチ先にはモデル004、005と共通のブランドロゴ入り純チタン製メタル飾りを施し統一感を演出しています。